【雑記】ソシャゲとの付き合い方を考える!アプリ断捨離失敗しました

こんばんは!

以前、ソシャゲ断捨離の記事を書きました。
あまりにも恥ずかしいので現在は非公開にしています…。

非公開にしてしまったのですが、
ソシャゲ疲れで私のブログを訪れる方もいらっしゃるので、
断捨離を失敗した今の私の、
ゲームとの向き合い方をまとめてみました。

断捨離の理由は、
主に、時間に追われるようになったことでした。
四六時中ゲームの事を考えて疲れた…というやつです。

その後3ヵ月程度は、
アプリの数をかなり少なくして、
DFFOO以外ほぼログインもしないようになったのですが…

結果的に、すべてのログインを再開しました。

・再開した理由と依存

再開した理由を簡潔に言うと、
一つのゲームへの依存度が高まりすぎたためです。

必然的に一つだけ残したDFFOOのプレイ時間が増え、
かなり早い段階で飽きました。
これはゲームの選択が悪かったのかもしれないし、
そもそもソシャゲ(アプリゲ)というのはそういうものなのかもしれません。
或いは、私のとんでもない飽き性のせい…。

他にはログインしないという縛りを設けてしまったが為に、
飽きてしまったDFFOOをやるしかなく、
イライラが募る一方…
結果的にゲームに対してのヘイトが高まりすぎることとなりました。

考えてみれば、面倒くさいアルティメットも、
新難易度のCosmosも、最近のEX武器が引けていなくてもクリアは出来ていますし、
そこまで苛立つ必要はないのです。

振り返ればウィズに対してヘイトが高まっていた時も、
ウィズしかしていない時でした。

私の場合、「一つ」に依存するとき、
そのモノに対して要求が過剰になる傾向があります。
それについては以前からわかっていて、
人付き合いにおいてもその傾向が強く、かなり失敗しています。

対策として、依存を分散させる、ということをやっていて、
おそらくゲームに対してもそのほうが良い事に気付きました。

・一つを極められる人もいる

私の知り合いに、一つのゲームとずっと向き合い続けられる人がいます。

あの面倒なアルティメットに飽きることなく(飽きているかもしれないですが)、
コツコツと毎日進めている人です。
たとえガチャ結果が悪くても、
淡々と続けています。

他のゲームをおススメしても、絶対にやろうとしない鋼の意志です。

そういう付き合い方もあると思います。

・ソシャゲとの付き合い方

何事もそうですが、
自分の性格に基いて、付き合い方を考えるのが良いのではないでしょうか。

私の場合、「飽きっぽく」「移り気」「依存心高め」「わがまま」で、
「細く長く継続するタイプ」です。
なので、
複数掛け持ちで、好きな時に好きなゲームに全力する、
という感じで楽しめていけたらなと思います。
(自分で上げた特徴ですがかなり酷い性格ですね!)

そう思うものの、
このゲームがとにかく楽しい!と思える、
ずっと続けられるゲームを求めているのも確かなので、
サイトタイトルを「アプリゲームを巡る旅路」としました。
※その時々にやっているゲームの備忘録が多いので変更しました。

どのゲームも楽しくて好きですが、
これさえあれば!という一本に巡り合えることを願って。
(ゲームという特性上難しいかもしれません)

・課金との付き合い方

キングスレイドのディーラーパック購入を迷う記事で少し書きましたが、
私の課金スタイルは「後払い」です。

楽しかった!よく遊ばせてもらった!と思った時に課金します。
(たまに謎の課金をすることがあります。)
課金額は、購入履歴を辿ってサイドバーに記載しています。

パズドラの時は無節操に課金をしていたので結構な額になっています。
後払い派になったのは、
この時期のパズドラとウィズへの、ガチャ一点狙いに後悔があったからです。
苦しい気持ちでお金を使うのは疲れました…。

データにお金を使うなんて、という意見をよく見かけますが、
娯楽にお金を使うのは正常だと思いますし、
そうじゃないと、
私みたいなゲームだけが趣味の人はお金を使うタイミングがありません。
お仕事して、いただいたお金をひたすら貯め込むのは少し不健全な気がします。
(私だけかもしれませんが、
お金と共にストレスが溜まって散財を始めることがあります)

お財布の紐を自分で握っている以上は自由かと。
親のお金なら、許可を貰って良く考えて使ってください。

重課金であれ無課金であれ、
それぞれのゲームスタイルなので否定しあう必要は無いかと。

その他娯楽と比較して、
「〇〇に使うほうがマシ」という意見もよく見かけますが、
それこそ人それぞれです。
「何も残らない」のは確かですが、
食事も映画も遊園地も、言うなれば何も残りません。
思い出や写真が残るかもしれませんが、
ゲームでもそういうものは残るでしょう。
この「マシ」という考え方こそ、人との比較でありがちな考え方ですが、
比較すると疲れる、というのは全ての物事に当てはまります。
ソシャゲ疲れも、この比較によって起こるんじゃないかなとちょっと思っています。
ガチャ結果の比較、強さの比較、etc…。
私も陥る感情なので、そういう時は「うああ!他人は他人!!!!」と自分に言い聞かせています。
事実、他人の結果ってほんと自分になんの関係もないですからね…。

私は割と多趣味なほうですが(移り気ゆえに…)、
金銭面がとてもリーズナブルで、長時間楽しめるゲームは重宝しています。
乗馬はあっという間に100万円飛びました。
馬はとても可愛かったですが、正直失敗したと思っています。

結局、自分に後悔がなければお金の使い方は自由だと思いますし、
後悔したとしてもまあ良い経験になります。
私にとっては、ゲームに使うお金の何倍ものお金を、
乗馬、ギャンブル、ダイビングに使っているので、
ゲームの傷なんて些細なものです(号泣)。

取り返しがつかないレベル(借金まみれとか…?)にならない限り、
好きに使えば良いと思いますよ!

・自分の納得のいく遊び方を

結論ですが、自分が納得できる形で遊べている限り、
ソシャゲは良いものだと思います。

昔は、どんなクソゲーでも、お金を払ってソフトを買うところからでした。
今ほど情報は出回っていなかったので、ある種のギャンブルでした。
これが、まずはタダで出来る、しかも最後までって凄いことです。

中にはお金の事しか考えてなさそう…というゲームもありますし、
ガチャバランス極悪のゲームもあります。

そういうゲームにはお金を支払わない、という選択も出来ます。

現状、飽和状態のソシャゲ業界なので、
有難いことに、お店を選び放題です。

やりたくないのにゲームしているようなら一旦ストップして、
別のゲームを探すのも良し、別の趣味を探すのも良し。
時間の無駄と思うなら尚更ですね。

以上。

私の拙いブログに、「ソシャゲ疲れた」というワードで訪れる方に向けて書いてみました。

疲れた…もうやだって思う事、私もいっぱいあるので。
自分の顔がどう見てもやつれてる、とかしんどそうと思ったら、
自分スタイルを見直してみると良いかもしれません。

楽しいゲームライフを!